留学を検討しているならフィリピンへ

subpage01

最近、語学留学の渡航先で人気の国はフィリピンです。フィリピンは日本から飛行機で約5時間程度の南にある国です。


実はフィリピンはアジアの中で、シンガポールと並ぶ英語の使用国で、世界第3位に位置付けられています。

言語はタガログ語ですが、ほとんどの国民が第2言語として英語を話すことが出来ます。



空港やホテル、駅などの公共機関はもちろん、ショッピングモールやレストランなどでも当たり前に英語を話します。フィリピンが渡航先として注目される最大の理由は、費用が安いということです。日本と比べると、物価が3分の1程度のため、長期滞在しても、欧米諸国への滞在と比べると、格段に安く済みます。


また日本から距離も近いため、渡航費用も安く、多くの日本人がフィリピンを語学留学先として選んでいるのです。

livedoorニュースがオススメです。

語学学校は、北部にある首都マニラ、中部セブ、南部のダバオに多く設立されています。

留学全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

最近までは、韓国系の語学学校が多くみられていましたが、最近では日本の企業が参入し、質の良い英語授業を提供しています。授業内容としては、TOEIC、TOFELなどの試験対策授業、日常英会話、ビジネス英会話があり、希望に合わせて、個人レッスンやグループレッスン、ディスカッションなどの形式で授業を行います。一日の授業時間はおおよそ6時間から8時間程度で土日、祝祭日は休みです。
また生徒は学校独自のオプションとして、市内観光やショッピングを講師とマンツーマンで楽しむ事ができ、実践の場で楽しく英語を学ぶ事が出来ます。あなたがもし、語学留学を検討しているならば、質の良い英語の授業を提供しているフィリピンを考えてみてはいかがでしょうか。